ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 103

niftyココログからつづく


つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ 
四十二番 ロライマ山(ギアナ高地

 ロライマ山にナポレオン大神、アメリア大神お出ましになられまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。
 両大神穏やかにお出ましになられまして、ご挨拶いただきました。これよりつぬぶて山神行にお入りになられるようにお見受け致しませんと申し上げますと、これまでのつぬぶて山神行にてたくさんの体験致しまして、しみじみと感じまするは、優しき思い深い思いやりは何よりも強い改革の妙薬でありまするに気づきまして、私共の勢いを浄化致しまして、この態勢となりましたと申されまして、御神座へとお進みになられまして、祈りにて生じますみ光の活躍をご確認致しつつ、祈り深めてゆかれまして、長い祈りの時納められました時、ロライマ山につぬぶて山神行成就致しました。証(あかし)の極みのみ光生じました。
                        十神界
 佐田靖治御大師
                  神行日 令和二年十一月二十二日

                      仲介者 小野恵里子
                      審判者 佐田靖治

           続きはBIGLOBEウェブリブログへ。

ジャンヌ・ダークの秘密 16

 楽天ブログからのつづき

 ジャンヌの世話を頼んだ金柑が敬遠するので、なぜなのかと聞いてみたら、汚な過ぎるのだと言う。金柑組も汚かったわけであるが、かなりレベルを上げてきれいになり始めているので、ことさらそのけがれが耐えられないらしかった。それでも佐田の依頼だからということで、最初の日は金柑に付き合ってもらって、最初の確認をしてもらうことになった。
 その確認の結果、ジャンヌ組はガニメデから十段ほど下のレベルということで、金柑達がガニメデから二段下ということであったので、相当ひどい目に合わされていたことが想像できるのであった。問題はそこで遊ぶのではなくて、そこでの仕事ができるかどうかが問われるのであった。
 その確認をするためにそちらでまず遊んでもらうわけであるが、さすがにベテランであるらしくて、そちらでのインストラクターとしてのトレーニングをすれば、仕事として十分働けるということの判定がなされたのであった。しかも通常の三倍の給料がもらえるとのことであった。それで彼女達も安心して一段落がついたのであった。

            続きはniftyココログへ。

建礼門院の実態 5--6

 グーグルブロガーからのつづき

建礼門院の実態 5

 建礼門院の大祝宴会三日目は、十一月七日の午後五時から伊勢の内宮で始められた。大祝宴会と言っても、ここらあたりまで来ると挨拶回りが主体で、宴会とは名ばかりのものであるように思われたが、宴会はそれから明くる日の十時まで続けられたのであった。それで三日三晩ということになったのであろうか。
 何かおかしいということになって皆で調べたところ、五十か所の宴会巡りというのは、落っこち神行の封じ込めであることが暴かれたのであった。そこで初めて伏魔殿の正体が現れたのであった。このことには高倉天皇も同意しておられて、ハゲ元宇宙の代表セットが伊勢に封じ込められていることの再確認もなされたのであった。
 下宮にオオクニヌシ代表、内宮にスセリヒメ大神が封じ込められているとのことであるが、代表を封じ込めているのはセット女のスセリヒメ大神であるらしいのである。しかし表にはおられないためそちらも封じ込められておられるとのことであったが、魔神化しておられて表に出られないため、封じ込められているとの評価になるのであろう。

建礼門院の実態 6

 代表のセットであるスセリヒメ大神が魔神化しているということは、男の代表に問題があるという意味にもなるので、そこらあたりの事情を解明しなくてはならない。元々その形は宇宙全体に及んでいるものであって、普通の形ではあるが、その場合は代表に対する批判が女性の側にあることになる。まともな代表である場合はいいのであるが、男の代表が間違っている場合は、女が怨念化することになりやすい。
 旧体制宇宙の場合は往路がオオクニヌシ代表、復路はスセリヒメ代表が務めなくてはならない設定になっている。それを認めない男に対しての女の反発がスセリヒメ代表の怨念化、あるいは魔神化になるのかもしれないが、男の代表が崩れている原因は、もっとほかのところにもあるのである。
 宇宙の代表であるオオクニヌシ大神が潰れていく過程は、物質人間が機械を作り出して、それで自然をコントロールし、宇宙を奪い取ったところからきている。機械によって立場を奪い取られてしまった宇宙の代表は、結局機械によってコントロールされてしまうことになり、口の裂ける作り間違いの女を機械で治したところから、またまた機械化の歪みが女の側にも移っていくことになってしまう。

            続きはgooブログへ。

被官ひとり大神の稲荷神行 47

 niftyココログからのつづき

 十一番の二 八甲田山

 八甲田山にお出ましになられました被官ひとり大神は、雄大な山々にご挨拶されまして、私共のもとに来られました。稲荷神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。
 被官ひとり大神の行着がまことに暖かそうにお見受け致しましたので、八甲田山用でございましょうかと申しますと、この度はぜひにとご用意いただきましたと申されました。
 御神座へお進みいただきまして、お定まりなられますと同時にご神行が始まりました。祈りは強く激しくなりまして、長い時を惜しみますことなく重ねました。ご神行納められます時、八甲田山に稲荷神行成就致しました。証(あかし)の極みのみ光生じました。ご確認致しまして、ご報告申し上げます。
                        十神界
 佐田靖治御大師
                  神行日 令和二年十一月十四日

                      仲介者 小野恵里子
                      審判者 佐田靖治

               続きは楽天ブログへ。

ジャンヌ・ダークの秘密 9

 楽天ブログからのつづき

 イギリスとの百年戦争を終わらせることに成功したのだからそれでいいのではないか、と現代感覚的にこちらは映画を観ながら思っていたのであるが、ジャンヌには王が敵のイギリスと金で休戦協定の妥協をしたのが許せなかった。そして戦争を続けたのである。
 天はそこまでの要求をしてはいなかったのではないか、とこちらは推測したのであるが、天は最後までやり抜けという指示を出していたとのことである。天使ミカエルの指示であったとのことであるが、その指示が誤りであったことが証明されてしまう結果となった。天はイギリスを必ずフランスから追い出すと約束していたからである。
 殉教者に与えられる試練だと天や教会は言いたいのであろうが、こちらにはやらせて潰す伏魔殿のテクニックでしかないように思われる。なぜなら彼女は聖女になどなってはならなかったからである。

                    続きはniftyココログへ。

ジャンヌ・ダークの秘密 2

 楽天ブログからのつづき

 国家には守護神があるのであるが、フランスではそれを国を象徴とする女性像に作り変えている。その元には神があると思われるが、時代的に変化しつつ、現代ではその時を代表する女性が選ばれて、あちこちにその胸像が置かれているのだという。たとえばブリジット・バルドーとか、カトリーヌ・ドヌーブ、あるいはソフィー・マルソーといった女優とか歌手といった女性たちである。
 昔のマリアンヌ像が祭られているノートルダム寺院は、ナポレオンがピレネーのアネト山で四十九日行をしたときに焼けたけれども、焼けなかった大聖堂のほうにジャンヌの像は立てられているとのことである。フランスを象徴するマリアンヌ、つまりキリスト教的には聖母マリアのアマテラスと、アネト山のアネト大神とは関連がある。アネトはエジプト神話のアマテラス、つまりワカヒルメのマリアンヌなのである。フランス革命の立役者でもあったナポレオンとマリアンヌ、そこには仕組み的な何かがあるとしか思えない。
 ジャンヌはスセリヒメ系であるけれども、アマテラスが被さっている。つまり表面的にはマリアンヌなのである。しかしマリアンヌにはヨーロッパの守護神ヒツジヒメ大神が重なっている。ヒツジヒメはギリシャローマ神話的にはアフロディーテ、愛の女神である。
 フランスがマリアンヌとしてキリスト教聖母マリアを隠しているのは、宗教の自由を建前としているからかもしれない。その立場からすると、キリスト教だけのマリアにするわけにはいかなくなる。だからどこから見ても受け入れられる形にしてあると考えることもできる。そしてその陰にはフランスの守護神スセリヒメが埋められているのである。
 そのことはともかく、ジャンヌにはその三つの系統が重なっており、表面的にはその本体が何なのかよくわからない。フランス的にはマリアンヌは自由・平等・博愛の象徴とされていて、三名の女性神が重ねられている。自由はアマテラス(ワカヒルメ)、平等はスセリヒメ、博愛はヒツジヒメということになる。もっともそれは仕組み潰しの形でしかないように思われるのだけれども。

                    続きはniftyココログへ。

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 96

niftyココログからつづく

つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ
三十六番 ニンバ山(コートジボワール ギニア

 謹みましてご報告申し上げます。
 ニンバ山にナポレオン大神、アメリア大神お出ましになられまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。
 世界の御山を巡らせていただきまして、かつて日本国でお務め致しましたご神行の意義が大きな力となっておりまして、改めまして神国日本を彷彿としておりますと申されました。日本国に存在致します命は、自然にさらなりますまことを求めまして活躍しておりますと申し上げますと、その事も深く感じるこの頃でございますと申されまして、ご神行の場を目指されました。
 開かれましたニンバ山つぬぶて山に、まずは祈りにて生じましたみ光が入りまして、両大神定まります場の構築にいそしまれましてのご神行重ねてゆかれまして、長い時消耗致しませず過ごされまして、ご神行納められます時、ニンバ山につぬぶて山神行成就致しました。証(あかし)の極みのみ光生じました。
                        十神界
 佐田靖治御大師
                  神行日 令和二年九月二十七日

                      仲介者 小野恵里子
                      審判者 佐田靖治

                続きはBIGLOBEウェブリブログへ。